google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0 google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0
うつ病

また1か月後に会いましょうね。


もと教員、うつ病でひきこもりのmachaco(まちゃこ)です。

新型コロナウイルス感染で、女優の岡江久美子さんが亡くなってしまいました。

ネットニュースの速報に「え~っ」と大きな声が出た後、言葉を失ってしまいました。

子どものころからテレビで観て親しんでいた国民的女優さんの死と、残されたご家族の悲痛な様子に衝撃を受け、改めてこのウイルスの怖さを痛感しました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

そんな中、わたしの住む北海道でも感染者の増加が収まらず、毎日心が沈んでしまいます。

ゴールデンウイークについて、「オンライン帰省」と言うまたまた新しい言葉で外出自粛を訴えていますが、どうでしょうね。

自分自身も、世の中もこの先どうなるのかわからないなあと、気分が落ち込むけれど、この局面を何とか乗り切って、親にも息子にもまた会いたいなあと思って自分ができることをしているしかありませんね。

先日ようやく夫の家族としての健康保険証が届き、息子の車を借りて区役所に行き、自立支援医療費助成の変更手続きをして来たので、いつもはギリギリ薬が切れる前に行く精神科の受診をして来ました。

病院の風除室にスタッフが立って、玄関前や風除室内に人が集まらないように見張り、待合室は椅子が一つおきにテープが張られて座れないようになって、受付窓口はビニールで厳重に仕切られていました。

できるだけ空いていそうな時間を狙って行ったので、人は少なかったです。

診察の時、担当のドクターに「最近はどうですか?」と聞かれ、「この状況なので、気分は落ち込みやすいけど、なんとか変わりなく過ごしています」と答えました。

「本当にこの先がわからないから不安にはなりますが、考えすぎても仕方がないから、できることはしているしかないですね」とドクターも言っていました。

そして、「また1か月後に会いましょうね」と。

わたしは「ありがとうございました。先生もお気をつけて」と退室しました。

わたしと違って、たくさんの人と密室で近い距離で話をするお仕事をしているお医者さんもたいへんです。

とりあえず、1か月後、半年後にまた変わらない日常が訪れることを願うのみです。

 

 

 

うつ病ランキング
 

 

 

 

ブログランキング