google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0 google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0
うつ病

テレビを断つ


もと教員、うつ病でひきこもりのmachaco(まちゃこ)です。

最近ずっとコロナウイルスのニュースばかりで、暗く悲しい話ばかりです。

なんとなくつけているテレビで、次々と情報は流れて来ていますが、特に昨日志村けんさんが亡くなり、その話が中心で、観ると悲しい気持ちになって気が滅入ってしまいそうでした。

なので、今日は天気も良いし、洗濯物を外に干したり、自転車の空気を入れたり、そろそろ残りの枚数が心配になって来たマスク作りなどを、テレビをつけないですると決めました。

ニュースは夕方の地元の番組で十分だし。

今日は北海道は4月下旬並みに暖かい日で、洗濯物はよく乾いたし、家中の窓を開けて空気を入れ換え、気持ちがよかったです。

午後は2階の作業部屋の片付けやマスク作りをしました。

BGMはラジオ。

とは言っても、その時間にやっている番組ではなく、radikoでいつも聴いている番組を聴きました。

一つは日曜日の夜に放送されている「ブギ専ラジオ」です。

北海道のローカルスターの上杉周太さんが「ブギウギ専務」と言うローカルな番組をやっていて、そのメンバーでロケの道中の車中で録音していると言う、ものすごくローカルな番組です。

テレビ番組の収録の裏話とか、リスナーの素朴な疑問に答え、曲を1曲流して終了と言う、きっとテレビ番組を観ている地元のフアンとかが聴いていると思いますが、とてもローカルでマニアックな30分番組です。

なんだか楽しくて、毎週平日の日中に聴いています。

そして、その後はオールナイトニッポンの月曜25時を聴きました。

これも、若いパーソナリティーの菅田将暉さんが、リスナーにいじられながら楽しそうに語っていて、笑いながら聴けるので好きです。

ラジオはけっこう自由で、テレビとは違ってやっている方も楽しんでいることが純粋に伝わって来ますから。

なんとなく元気になり、夕方は久しぶりにゆっくり料理を楽しむこともできました。

なんだか充実していました。

昨日かかりつけの病院も2件行って、薬もたっぷりになって、しばらくは出かけなきゃいけない用事もないので、安心して家で過ごせます。

しかも、明日から息子も仕事に行くし、自分のペースを取り戻せます。

そうか、ここしばらく義父の通院や息子の引っ越しで生活のリズムが変わり、疲れている上にコロナの話ばっかりで、気持ちが沈んでいたのか。

ダメだダメだ。

テレビで言っていた「コロナ疲れ」「コロナうつ」になってしまう。

テレビをつけっぱなしでダラダラ観ているのは、うつ病持ちのわたしには悪いのですね。

明日からも、楽しく気分よく過ごせるようにしようと思います。

「外出自粛」なのだから、遠慮なく家にいられるのに、うつうつと過ごすのはもったいないですね。

明日はCDを整理して、昔好きだった音楽でも聴いてみようかな。

 

 


うつ病ランキング
 

 

 

 

ブログランキング