google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0 google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0
いろいろ

続く自粛生活で行き場がないけど


もと教員、うつ病でひきこもりのmachaco(まちゃこ)です。

新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛の3回目の週末でした。

北海道では2月末に「緊急事態宣言」がされてから、外出を控え、人が集まる場所には行くことをできるだけ避けるようにしているためか、車も人も少ないです。

しかし、家に閉じこもっているとストレスがたまるので、外の空気を吸ったり運動したりすることについては地元情報番組でもおすすめされています。

何が良くて、何が良くないのかわかりやすく教えてくれているせいか、トイレットペーパー騒ぎ以降は特に何も起こっていなくて落ち着いている様子です。

でも、とにかく北海道はこの時季行くところがありません。

まだ雪が残っていて、その雪も解けかけてザラザラで、正直言って真っ白な雪景色とは程遠い、ホコリまみれの雪のグラウンドや公園で遊ぼうと言う気にはなれません。

まだ気温も低く、ある意味一番中途半端な時季なのです。

なので、春休みに向けて室内のイベントなどが多いのに、それも軒並み中止では、子どもたちもストレスがたまるでしょうね。

我が家は夫婦二人だし、もともと冬は静かに家で過ごすので特に問題はないのですが、唯一予定外だったのが父の納骨堂が閉館になってお参りできなくなりました。

父は3月中旬に亡くなり、命日に近いこの週末にお坊さんに来てもらってお経をあげてもらい、納骨堂にもお参りするのが恒例なのですが、納骨堂からはがきで知らされました。

ちょうどお彼岸のお参りでいつも混んでいるので、仕方がありません。

それにしても、実家に行く途中に街中を抜けるのですが、本当に人がいませんでした。

みんなどこに行っているのかなあと話をしながら、ランニングやウォーキングをしている人が多いことに気が付きました。

スポーツジムも危ない、と言うより閉鎖しているところも多いせいでしょうね。

部活が休みの学生さんもトレーニングで走っているようです。

まれにお散歩なのか、小学生くらいの子どもとお父さんらしき人が一緒に歩いていたり、小さな子を抱っこやベビーカーで連れて楽しそうに家族で連れ立っている姿を見かけ、なんだかとてもほっこりしました。

特別な場所とか、お金がかかる場所じゃなくても、楽しめますもんね。

一昔前、子どもたちが小さいころは休みで暇を持て余すと長い散歩やサイクリングをしたなあと夫婦で懐かしく思い出しました。

そして、もっとずっと昔、父と一緒に休みの日に長い長い散歩に連れて行ってもらったことを思い出します。

連れて行ってもらったと言うより、父が行きたくてわたしを誘っていたのですけど。

今月末に息子が帰ってくる頃にはお参り解禁になるかなあ。

 


うつ病ランキング
 

 

 

ブログランキング