google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0 google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0
介護

笑える介護生活③装具は洗わないで!


もと教員、うつ病でひきこもりのmachaco(まちゃこ)です。

実は、昨日から一つ気になっていたことがあります。

義父の人工肛門の装具、パウチと言う便がたまる袋のことです。

水洗い禁止と言ったのに・・・

直腸がんが進行し、このままでは便が出せなくなって腸閉塞をおこすと言われ、人工肛門にした義父ですが、入院中にケアのしかたを覚え、自分でケアをしています。

普通に排便をする時のように自分で便意を感じて出すわけではなく、食べて消化した物が出て袋にたまるので、時間や様子を見てトイレで中身を出します。

装具の交換は3日から1週間くらいで新しい袋を貼り付けると聞いていますが、外れてしまったり、便が漏れたりするし、2~3日もたないと言っています。

便の処理もすごく手間をかけ、時間もかかるらしく、もともと動きがゆっくりなので仕方がないかなあと思っていましたが、先日ストーマケア外来を受診したのは、訪問看護師さんからの申し出で、再度ケアのしかたを確認するためでした。

どうやら、義父は一回一回袋に水を入れてゆすいでいるらしく、そのせいで袋が長持ちしないし、貼り付け部分が剥がれたりするらしいです。

そのことをよく説明され、今後は水洗いはしないと約束しました。

装具代も時間も手間もかかり、生活の全てがそのことで追われてしまうからです。

何度も「水洗いしない」と確認をしたので、これで大丈夫と思っていました。

ところが、昨日「また今日も漏れた」と言っていました。病院で看護師さんが金曜日に貼ってくれて、月曜日に訪問看護師さんがチェックしてくれることになっていたのです。

その時、「え~っ、どうしてだろう」とわたしが言うと、「洗ってないよ」と自分で言っていました。

便を出すところをトイレットペーパーで拭きすぎたのか、とか考えていました。

それが、今日の夕方薬をもらいに行くことなどを義母から電話で聞いた時に、「昨日の袋が破れた原因って・・・」と話したところ、わかりました。

どうしても洗わずにいられない?

義母の話によると、洗っているそうです。

ペットボトルに水を入れてトイレに持って行き、何回も水を入れてじゃぶじゃぶゆすいでいるのです。

そして、訪問看護師さんが来る前に「洗ってること言うなよ」と口止めしたらしい。

わたしに「洗ってない」と言ったのも嘘でした。

はあ・・・・

なんで言われたとおりにやらないのか不思議ですが、嘘つくことないのにと思います。

どうしても洗わないと気持ちが悪いと言うのなら、そういえばいいのに。

でも、結局洗うと外れたり漏れたりするので、外出もできないし、しょっちゅうトイレに行かないといけないです。

そして、装具代もかかります。

いくら障がい者手帳で装具代も補助金が出るとはいえ、上限を超えたら自腹です。

そのこともわかっているはずなのに・・・

なんだか力が抜けました。

薬と人工肛門の管理ができないと・・・

自宅では生活できません。

義母は「そうなったら病院に」と言いますが、介護でガンの治療、どちらもしてくれるところなんて、この田舎にあるのかしら。

お金もないのに・・・

思った以上にわかっていないのです。義父も義母も。

夫が帰宅し、そのことを話すと「じじ、だめだな」とつぶやくのみ。

本人は「少しでも長く生きたい」と言って抗がん剤をやると決めたはずなのに、こんな状態では無理な気がします。

困ったものです。

やれやれ

いくら言っても本人次第なので仕方がないです。

わたしはわたしのできる範囲で、笑っていられる程度のがんばり加減で行くしかないです。

まだまだ始まったばかりの笑える介護生活、どうなることやら。

 


うつ病ランキング
 

ブログランキング