google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0 google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0
いろいろ

道議会の喫煙所設置問題、まだもめてるの?


もと教員、うつ病でひきこもりのmachaco(まちゃこ)です。

9月も中旬になろうとしているのにこんなに暑くなり、少しまいっています。

そんな暑い北海道で、6月からずっと話題になっていることの一つが「道議会新庁舎の喫煙所設置問題」です。6重

北海道でも公的な場所では喫煙が禁止されているこの時代に、税金を使って喫煙所を設置することに対して議論になっているのですが、今日も話し合いがされたけど結論は先送りになったと・・・まだやってたの?と言う感じです。

2020年完成の道議会新庁舎の喫煙所問題

自民党・道民会議で議員控室に喫煙所を設置する意向を発表した後、市民団体や医師会が「全面禁煙」を求めて意見書を提出するなど、議論を呼んでいます。

しかも、8月1日には鈴木知事が「税金で喫煙所を設置することは、道民目線で考えると難しいと思う」「しっかりと議論をしていただきたい」と意見を表明しました。

その後の話し合いでは結論は先送りされ、知事が公の場で反対意見を言ったのに・・・と驚いていました。

JTが費用を負担すると申し出たとのことでいたが、設置費だけの問題ではなく、維持費は税金だし、「議員だけの特権は許されない」と言う厳しい意見もある中、設置すると言うのは、なかなか受け入れられないのも当然と思うのです。

わたし自身は嫌煙家ではないし、喫煙する人をどうこう言うつもりもありませんが、客観的に見て厳しいのではないかと思っていました。

今日もまた「先送り」

ニュースで聞いて、「まだやってたの?」と言うのが正直な感想でしたが、「受動喫煙防止条例」の骨子案が提出された今日、臨時議会で喫煙所問題が話し合われ、また意見が割れて先送りとのことでした。

インタビューでは、「賛成も反対もいる」「一度決めたことを変えるべきでない」「世論に屈するのはどうかと思うと言う意見もある」と言っていたのを聴いて、少し驚きです。

そうまで喫煙環境にこだわる理由は何なのでしょう。

確かに喫煙者の権利、JTの存続問題などもあるとは思いますが、学校も、役所も、公民館も今は全て禁煙。喫煙したい人はみんな休憩時間に敷地外で喫煙することが当たり前になっているこのご時世に道議会にだけは喫煙所を新たに作るのは、到底認められないだろうと素人でも思うのに・・・

よほど力の強い人が「設置派」なのかなあとか、JTとつながっているのかなあとか、いろいろ考えてしまいますよね。

でも、完成まで4か月しかない今も結論が出ないって、あるのでしょうか。

なしくずしに作られるのでしょうか・・・

 


引きこもり日記ランキング

 

 

ブログランキング