google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0 google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0
いろいろ

とりあえず投票に行ったけど・・・


昨日は参議院選挙の投票日で、数日前からニュース番組で各立候補者の主張や各党党首の考え、街頭演説の様子などが報道されていました。

北海道の情報番組では、毎日年金や消費税など今回の選挙の核になるであろうテーマについて各候補者に考えを聞き、視聴者の1票を誰に入れるかの参考になる情報を提供してくれていました。

結局各政党で掲げている考えをそのまま言っているだけでしたが・・・

ニュースでは、各党の党首の熱い演説の様子が報道されていましたが、結局「勝つ」か「負ける」かと言うギラギラした感じしか受けず、どこに自分の票を入れると良いのかわかりにくいと思ったのは、わたしだけでしょうか。

今回の選挙に対してわたしは個人的にすごく冷めていました。

投票率が48.8パーセントになった背景

過去最低ではなかったのですが、史上2度目の5割以下だったとのことです。

「なるほどね」とただ思います。

あれほど「あなたの大事な1票」と投票に行くことを訴えても、「若い人」と名指しでキャスターが呼び掛けても、この結果でした。

この投票率の低さの背景にある国民の今の状況を、勝ち誇った顔でテレビに出ている与党、「これからです」と鼻息を荒くする野党党首はどう考え、これからの政治に反映させようと考えるのか・・・

期日前投票という制度を利用してきちんと投票をした人も大勢います。

でも、多くの方が「行かない」と言う選択をしたのは、どうしてなのかを考えてほしいです。

特に若い人に対し、「無関心ではいけない」「自分たちの未来を自分たちで作らないと」と訴えているけれども、無関心よりも事態は深刻なのだと言う想像はしないのでしょうか。

「誰に入れても変わらない」「どうせ良くはならない」という失望

国会議員の失言や問題発言、ただ上げ足取りをしているようにしか見えない国会でのやり取りを日々見せられ、信頼感を持てと言うのも乱暴な話です。

しかも、その人たちの月給は、自分たちが寝ないで働いてももらえないほどの高額です。

そのお給料は、自分たちの血税から支払われていると思うととても残念な気持ちになります。

もちろん、テレビや報道で観ている部分がすべてではないことはわかっていますが、それにしても最近の政治家の方々の発言に対する責任感のなさにはあきれます。

しかも、そんな不祥事や発言があれば国会の場でも与党と野党の質問、答弁が繰り返されていて、とても不毛な時間に思えます。

そんな様子を見て、「世の中をよくするための代表を選ぼう」と積極的になれないのも無理がないですね。

「このままでは自分たちの未来がどうなるのか」という不安

大きな物議をかもした「年金では2.000万円不足」問題以来、お金のことで国民は大きな不安を抱えることとなりました。

特に、若い人たちは高齢化が進み、年金がもらえるかどうかさえわからないくらいに言われている現状で、もう不安しかないのではないでしょうか。

雇用も安定せず、収入も上がっていくのかわからない状況で、更に「働き方改革」と言う名のもとに残業代がカットされ、副業に忙しい若者がどれだけ多いかを考えると、政治への期待よりも今の自分の生活を優先させる気持ちもわかります。

「景気は上向き」という発表と現実のギャップへの不信感

国民の総所得額は過去最高、正規雇用は拡大したと大々的に宣伝をしていますが、国民の多くは生活が向上している実感がありません。

お給料が増えたと言う話はめったに聞かないし、正規雇用と言う名の「残業代〇時間分こみ」と言う基本給で、いくら働いても収入が頭打ちのケースも多く聞きます。

その上で消費税が上がって支出が増えることについて、「社会保障の充実に充てられる」と言うけれど、それが自分たちの今後の人生の中でどのくらいのお金がどう反映されるかがわかりにくいのです。

政治に不信感を抱えているからこそもっと政治に関心を持ち、自分たちの意見を・・・と言われても、そこまでのエネルギーを持つことは難しいです。

国民のための国家?国家のための国民?

日本は総じて平和だと思います。

でも、政策にあげられる理念がわたしたちが求めていることと少し違うように思います。

消費税が上がることについて、「社会保障制度の充実には仕方がない」と言われれば仕方がないのかと思いますが、収入が増えない現状で、貯蓄など自分の将来への備えと言う考えはどうするべきなのかと思ってしまいます。

一億総活躍と言うけど、ひきこもりは増え続けている現状、「働き方改革」で貧困になっていく現状、何よりもわたしたちが20万とか30万円の手取りで、家族みんなが生活し、子どもの学費をねん出しないといけない現実について、本当に想像力を働かせているように思えません。

「最低賃金の引上げ」についても、日テレの質問に「地域ごとの現状や事情もあるので、すぐにできるわけではない」と回答をしていましたが、日本中のどの地域の人が月にどのくらいの収入があり、どれだけの支出が必要かを知っているのでしょうか。

そう、国民一人一人を大事にしたいと言う気持ちが全く伝わって来ないのです。

わかりやすくて前向きな議論を

選挙から一夜明け、勝ち誇った顔の与党の皆さんの表情から、今後の日本に期待できる雰囲気を感じられないのは、わたしだけでしょうか。

また何か不適切な発言や不備があれば野党がつつく、あの不毛な時間よりも、明るい未来を、若い人たちが希望を持って生きられる、働ける社会を作るための前向きな話し合いを見せてもらいたいです。

子どもたちに「大人の口げんか」と思われない、お手本となるような姿を見せてほしいなと願います。

 

 

 


引きこもり日記ランキング

 

 

 

 

ブログランキング