google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0 google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0
いろいろ

毎日起きる高齢者の交通事故 今日大丈夫でも明日はわからない


このところ、毎日高齢者の交通事故が起き、ニュース番組で「またしても・・・」と報道されています。

アクセルとブレーキの踏み間違いが原因であることが多いようで、高齢者の認知、反応、身体的な衰えやアクセルとブレーキの位置という車の構造的な問題にも言及しています。

事故はいつでも起こりうる

高齢者だけでなく、誰もが自動車を運転すれば事故を起こす可能性はあるし、外に出れば交通事故に遭う可能性もあります。

事故は紙一重のタイミングで起きる

車を運転していて、つい制限速度を超えてしまっていることやちょっとよそ見をすることなどはあります。

自分が安全運転を心がけ、慎重に運転をしているつもりでも、人間なので寸分の狂いもなく完ぺきな運転をすることはかなり難しいです。

自分が気を付けていても、道路に人が飛び出してくる時もあれば、他の車が自分の車に向かってきたり、冬道でスリップしたりわだちにはまってハンドルをとられたり、「あわや」と言う場面はみんな経験があることと思います。

事故を起こさない、遭わないで無事に家に帰ることができることの方がほとんどですが、それはむしろ幸運なことで、ほんの1秒、0.1秒タイミングがずれただけで大事故に遭っていたかも知れません。

「その時たまたま」事故に遭った結果、ケガや死亡事故になってしまいます。

加齢は突然ではない

学校の卒業や会社の定年のように、車の運転は「何歳になったらやめる」と言う決まりはありません。

そもそも「高齢者」とひとくくりに言いますが、何歳からを高齢とするか、どうなったら運転ができないと判断されるのかは縛りがありません。

運転免許証は決められた時期に手続きをし、講習を受ければ免許証は更新されます。

しかも、車の運転だけでなく、人間は加齢とともに身体や認知機能が少しずつ衰えるのは仕方がないことで、徐々に全体的な機能が落ちていきますが、ある日突然老化するわけではありません。

個人差ももちろんあります。

ほぼ毎日運転をしている中で、少しずつ事故のリスクは高くなっているけど、メーターで測れるわけではないのです。

しかも、生活上どうしても車を運転しないといけない人もいるし、そういう人にとっては「やめなきゃいけない」と強く自分で決断をすることは少なく、毎日運転しているうちにずいぶん年をとっていたという人が多いと思います。

人は日々少しずつ衰え、少しずつ事故のリスクが高くなっていると考えていいでしょう。

昨日は何事もなかったから

今日も無事とは限らないのです。

先日の事故でも運転していた人は「そろそろ運転やめないといけないかも」と言っていた矢先の事故でした。

よく「オレはまだまだ大丈夫」と豪語していると言うたくましい高齢者もいますが、もしかしたら周りの人がうまくかわしてくれたのかもしれないし、他の人から見たら危ない場面もあるのかもしれません。

余談ですが、知り合いの方が最近話していました。「実家に帰ったら、おやじの車が傷だらけだった。ちょいちょいこすったり、軽くぶつけたりするようになったみたいだ」と。

事故が起きた時に「問題」と言うが、対策は?

今後高齢化がますます進むと言う現状で、「対策が急がれます」と言うけれど、なかなか難しい問題です。

地方では過疎化が進み、店がないから買い物ができる場所まで遠い、JRは次々に廃線になるし、バスは一日数本と言う場所は山ほどあります。

どうしても車がないと生活できない人も多くいます。

わたしの住んでいる地域も全く交通機関がないわけではないけれど、便利な場所ではなく、高齢運転者が多いです。

時々見ていて「危ないな」と思うこともあります。

そして、間違いなく我が家も近所の人も20年後には高齢者としてほとんどの人が車の運転を続けているでしょう。

まとめ 自分たちでできること

幸いにも、わたしの親たちはもう車を運転していません。

なので、「もうやめたら?」等と言う必要はないのですが、身内に高齢で運転をしている人がいる場合、せめて「気をつけてね」「最近危ないことなかった?」と声をかけて注意を促すことはできます。

「オレはまだまだ・・・」と言っているか、「そろそろ衰えて来たから気をつけなきゃ」と意識するかで違います。

そして、前出の知り合いのように車の傷や運転をチェックしてみることも大事ですね。

可能ならば、休みを利用して買い出しに行ってあげると「わざわざ運転して行かなくても、家族が来てくれる」と安心するでしょう。

そして、みんなで交通安全に気を付け、事故を防ぐことも大事だと思うのです。

スピードを出しすぎたり、後ろからあおったりはもってのほかです。

やさしい運転を心がけ、高齢者が事故を起こさないように、ひと呼吸待ってあげる余裕のある運転をしたいです。

 

 


引きこもり日記ランキング

ブログランキング