google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0 google-site-verification=KzC-c3E1lPsJFLVfdkzovRPHbD1dyJ0rhRCRighC0t0
ひきこもり

「好き」を「働く」にするためにブログを始めました



「ブログとか書いたらいいんじゃない?」そう息子に言われました。

本を読んだり、文章を書くことが好きなわたしが収益化できる可能性が高いからです

「そうね。やってみるね。でもそもそもブログって何?」

ブログとは

よく、芸能人やスポーツ選手などの有名人が写真や文章で近況や考えたことを書いて話題になったりしていますが、自分で検索してみたこともなければ、どんなものなのかわかりません。

まして自分が始めることなどそれまで思ってもいなかったので、何も知識がありませんでした。

まさしく「やみくも」です。

ブログって何?

ブログとは、正しくは「ウェブログ(Webog)」と言い、個人が書いた日記、考えを公開することができるウェブサイトのことです。

言い換えれば、ブログを書くと言うことは、自分が書いた日記や情報がWeb上で公開され、みんなが見ることができると言うことです。

文章だけではなく、画像や映像、他の文献などで調べた内容を引用し、掲載できます。

有名人や一般の主婦やOLさんなどが日常の出来事について自由に書いているブログはいわゆる「雑記ブログ」です。

ある特定の分野について専門的に追求して書いているサイトもありますが、それは「特化型ブログ」です。

収益化できるって本当?

ブログを書いて収益化する方法は「アフィリエイト」です。

アフィリエイトについて詳しいことはまた書きたいと思いますが、本当に稼いでいる人はいます。

副業としてお小遣い稼ぎに1~3万ほが稼いでいる人から、月に50万や100万稼いでいる人もいることにびっくりしました。

自分にもできるの?

なんとなく仕組みはわかったような気はしましたが、自分がすぐにできそうな気はしません。

ただ何となく日々の出来事を好きに書いているだけで儲かるわけではありません。

しかも、調べれば調べるほど知らない言葉だらけです。

「ドメイン」「URL」「Wordpress」もうこの辺で頭が爆発しそうになりました。

ブログを始めるには

それでも、なんとかがんばってみようと思い、検索を進めていきます。

でもちょっと自信がなくなったので、自分でサイトを作らないで「書いて稼ぐ」方法も検討しました。

登録し、在宅でできる仕事をできるサイトがいくつかあります。

その中から口コミで安心できると書かれていたサイトの一つに登録し、ライターとして記事の執筆を始めました。

手順を調べる

「稼げるブログの始め方」「ブログで稼げるようになる」等のタイトルで記事を執筆されている方がたくさんいます。

ものすごい専門的な知識で、細かいカスタマイズの方法まで紹介してくれている方や、全く知識がないところからスタートした方など様々です。

サイトのデザインなどもおしゃれだったり、画像や図をたくさん入れている方も、それぞれに特徴があります。

山ほどある情報サイトから自分にとって有益なのは、「読んでいてわかる」サイトです。

文章の書き方や言葉遣い、言い回しなどが自分にはまる説明は頭に入りやすいです。

とはいえ、検索するときのキーワードのちょっとした違いで表示されるサイトがどんどん変わるので、自分が参考になると思ったサイトに出会ったら、ブログのサイト名を控えておいた方が良いです。

記事の書き方を勉強する

ブログを始めるまでのわたしのパソコンのスキルは、ワードとエクセルで文章やデータの入力ができ、インターネットで調べものができることぐらいでした。

「Wordpress(ワードプレス)」と言うツールを使ってこの記事も書いていますが、この時初めて存在を知り、「Wordと違うの?」「何それ?」という感じでした。

それでも先ほど書いた在宅ワークで記事の書き方の基本を勉強でき、Wordpressの使い方にも慣れました。

自分のサイトを立ち上げる

少しわかってきたところで、自分のブログサイトを立ち上げることにしました。

ブログサービスは20ほどあるらしいです。そして、「無料」と「有料」があります。

各サービスの比較、有料、無料それぞれのメリット、デメリットなども読んで比べ、「有料」ブログを選びました。

初期費用はさほどかかりませんが、ある程度は準備資金として覚悟が必要です。

これも次に詳しく書きますが、レンタルサーバー代などで2000円くらいあれば大丈夫です。

難しいと言うよりも手間がかかりますが、諸先輩方のサイトの書いてある通りにやればなんとかなります。

まずは「雑記ブログ」で毎日の自分の暮らしについて綴っていくためのサイトを立ち上げ、ブロガーになりました。

興味がある方は読んでみてください。

https://iezukika-san.com/

開設後にすること

ブログを立ち上げて終わりではありません。

ここからより多くの方々に読んでもらえるサイトにしていくために日々修行です。

とにかく記事を書く

ブログの記事は、とにかく読んでもらえないと自分のノートに書いているのと同じで、Webで公開している意味がありませんし、収益化されません。

毎日記事を書いて記事数を増やし、たくさん読んでもらい、読者を増やすことです。

ブログの記事は自分のサイトにどんどん蓄積され、いつでも見ることができるので、読者が一人できたとしたら、1記事なら1回読んでもらうだけですが、100記事書けば100回読んでもらえます。

しかも、何でも書けばいいと言うわけではなく、より多くの人が「おもしろい」「また読みたい」と思ってもらえる記事を書かないといけません。

そもそも「誰かのためになる」ことが最初の目的で、収益化は「欲」の部分ですから、読んでくださる方の気持ちを思い浮かべながら、共感してくれるように書いていくように心がけています。

サイトをカスタマイズしていく

全く右も左もわからない状態で立ち上げたので、記事の内容以前に見ためが今一つでした。

でもいつでも編集し、書き直したりできるのが紙媒体の本との違いです。

今回は前回の反省をもとに、少し丁寧にデザインなどをしてみましたが、まだ使いこなせていないのが現状です。

少しずつまた勉強していきます。

アフィリエイトのサイトに登録する

アフィリエイトサイトはいくつかあります。

①報酬型

自分のサイトに商品やサービスの広告を貼り、記事を読んだ人がそこから広告主のサイトに入って商品を買ってくれたり、サービスを利用すると報酬が得られます。

大手のサイトに登録すれば、ノウハウも教えてくれます。

わたしは最初から「もしもアフィリエイト」に登録しています。

サイトを立ち上げたらすぐに使えるようになります。

まだ見習いなので、収益はほぼ上がっていません。

他にもいくつかサイトはありますが、それぞれに扱っている広告のジャンルや収益化される額なども違います。

②クリック型

記事がある程度の数に達したら、「GoogleAdSense」に登録申請します。

これはサイトに自動的に広告を貼ってくれて、サイトを見た人が広告をクリックすることで収益化されるので、記事数が増えればより収入を得られるので、是非登録したいです。

ただし、審査に時間がかかります。わたしの場合は申請後2週間ほどかかりました。

まとめ

まずはブログを始めて収入を得るまでの流れがイメージできたでしょうか。

わたしの場合、書くことが好きなので毎日書くことは今のところ苦ではありません。

「楽に儲かる」「何もしなくても稼げる」とよく書いてありますが、ここまで来る道のりは楽ではありませんでした。

でも、「好きなこと」をして「働く」のですから、収入の額はあまり求めないで続けていきたいと思います。

ブログランキング